新しいHDD確保のために

何とか、容量を確保したのだが、それでも、やはり容量の3分の2を消費しかかったところで、外付けのUSB-HDDを購入することにした。

 最初の頃は、録画した番組を、どんどんUSB-HDDに移していくことができたので、

 「おお、救世主!」

 と思ったのだが、USB-HDDの容量の3分の1も番組を移したところで、

 「番組数が多すぎます」

 という表示が出て、それ以上、移すことができなくなってしまった

 USB-HDDのメーカーに問い合わせてみたところ、「それはハードディスクレコーダーのメーカーの問題だ」という答えが返ってきた。
 ので、ハードディスクレコーダーのメーカーのサイトで確認したところ、どうやら、USB-HDDに記録できる番組には単には、容量だけでなく、録画できる数にも制限があるらしいことが分かった(普通で3000、特殊な機能では10000らしい)。
 
 何で、そんな機能が付いてるの

 このペースでは、また1年を待たずに容量不足を懸念せねばならず、新たにUSB-HDDを追加してもまた1年後には同じ心配をせねばならないらしい。現行のハードディスクレコーダーには、最大8台までUSB-HDDを増設できるらしいが、それでは、後8年しか保たない計算になる。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ